Medical AROMA
AROMA LIFT(TM)
The Energy Flow Work
Salon

アロマってなんだ?

セラピューテック(医療用)グレードのエッセンシャルオイル?

もともと、日本に最初に持ち込まれたアロマテラピーは エッセンシャルオイルをキャリアオイル(植物油)で薄めて マッサージしたり、ディフューザーで香りを噴霧しリラックス効果を楽しむといったイギリス式が主流でした。

しかし、アロマテラピー先進国フランスでは古くからアロマを医療にもちいていて
エッセンシャルオイルを病院で薬として処方されたり、原液を飲んだりしてるんです!

エッセンシャルオイルには鎮痛作用、抗うつ作用、抗菌作用などをもつ、様々な薬理成分
含まれているため、そのように使用されているのです。

「私達もそんな使い方が出来たらいいなぁ」
「もっとお客さんに効果を実感してもらいたい!」と
思っていたときに出会ったのが、ヤングリヴィング社
のエッセンシャルオイル
でした。
ヤングリヴィングのエッセンシャルオイルは、そのほとんどが
「食品添加物」「化粧品」として認可されているんです! ということは、飲んだり、直接肌に塗ったりできるってこと! 従来型のアロマテラピーしか知らない人にとってはこれって実は衝撃的! しかもここのオイルは、【SEED TO SEAL(種まきから製品まで)】というポリシーのもとしっかりと作られているもの。
それぐらいのレベルのものだから、逆に誰でも気軽に使えます。希釈することなく、 ボトルから直接ポタポタと出してすぐに使える。何度も書きますが、これって本当にすごいことなんです! エッセンシャルオイルの原液というのは例えばペパーミントなら1滴がペパーミントティー20杯以上に相当します。 だから原液塗布したり飲めるということは「超高濃度」に身体に入ってくるということ。 小さなペットなどに使用する際は、さらに細心の注意をはらって品質を見極めなければなりません。 現在ヤングリヴィング社において飲用できるエッセンシャルオイルはレモンやオレンジなど17種類。 摂取量については「1回に1〜2滴が最適、1日の目安は5〜6滴まで」との表記がされています。

どうしてYoung Livingなの?
ヤングリヴィング社の創設者であり、自然療法博士のゲリー・ヤング氏は24歳のとき、 木を伐採中の大事故で半身不随となり、車椅子での生活を余儀なくされました。 自身の身体を癒そうと必死で世界中の栄養と代替療法の知識を次々に習得していきました。 そんな中、エッセンシャルオイルとの運命的な出会いがあり、ゲリーは自分でもオイルを試してみました。 それから13年後、様々なアプローチの結果、ゲリーはハーフマラソンを完走することができるまでに回復! この経験から、ゲリーは自身が経験したエッセンシャルオイルの癒しの効果を人々と分かち合いたいと感じました。 この情熱が原動力となり、後にゲリーはヤング・リヴィング・エッセンシャルオイル社を創立することになります。

ヤングリヴィング社のエッセンシャルオイルは、世界各地にもつ自社農園で無農薬+オーガニックで栽培したものを 植物のタイミングに合わせて収穫。自社開発の世界最大の蒸留機で低温・低圧という独自の 蒸留法で生産されています。その為、シングルオイル、ブレンドオイルともに他に類を見ないほど、優しく、そして力強い香りが特徴です。 こうして飲んだり、直接塗ったり、ペットにも安心して使える「医療用グレード」のエッセンシャルオイルは 作られています。種の状態から収穫、瓶詰め、パッケージングまでをやっているアロマの会社はヤングリヴィングをおいて他にありません!
という訳でSalon de Un mot douxではこれらの精油を使ってすべての施術を行っているのです。

−エッセンシャルオイルを使うのに資格は必要ありません!−
実は、アロマテラピーをするために特に必要な資格はありません。ビックリしました? 日本にはいろいろな協会が出している資格がありますが、AEAJも含め、決して国家資格ではありません。 明日から「私、アロマセラピストだから」といえば、アロマセラピストなんです(^^) エッセンシャルオイルなどの基本的な知識を得るために勉強して、資格試験を受けるのは賛成です。 知識を深めていくという意味でもいいかなぁと思います。でも、そこで得た知識は、実生活の中で 使わなければ意味がありません。逆に資格を持っていなかったとしてもエッセンシャルオイルを使って、 健康になることはできるんです。

Copyright (C)2009-2016 Un mot doux. All Rights Reserved.